読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニン!

ただのOLが平日限定で9:00までに更新するブログ

岡江久美子になりたい人生

おはようございます。あやな(偽名)です。

朝活ブログ4日目。今日は日曜日ということで、宣言通り寝坊してやったぞハッハー!

とはいっても、先週まで土日は昼まで寝ていた私が8時半に起きるって大変なことですよこれは。いやはや。一種の大革命ですよ。

8時半に起きた私が何をしていたか。

小説のプロットを書いておりました。

無趣味か。書くか、読むか聞くか観るかしかしてない……。書いてしまわないと忘れそうなので一気に書き上げたいんですけど、午前中には仕上げて街に出たいです。

 

ところで、理想の女性像ってありますか?

私の理想の女性は、石原さとみでも北川景子でもありません。

岡江久美子です。

小さい頃から岡江久美子一筋です。

石原さとみ北川景子新垣結衣戸田恵梨香堀北真希も、なれるもんならなりたいです!

でも石原さとみ岡江久美子かと言われたら岡江久美子を選ぶと思うし、なんなら二人とも池に落として女神様に「あなたが落としたのは金の石原さとみ?  それとも、銀の岡江久美子?」と聞かれて、正直に「岡江久美子です!」と答えたい。「正直者のあなたには金の石原さとみと銀の岡江久美子と、銅の松岡茉優をあげましょう」と言われたい。松岡茉優ちゃん好きです。皆まとめてください。

 

岡江久美子さんの姿を見るのは朝の情報番組「はなまるマーケット」くらいでした。

どうしてこうも岡江久美子さんにこだわってしまうのでしょうか。

記憶を遡ると、小学生の時に見たとあるバラエティ番組を思い出しました。お笑い芸人が集まってトークをする、なんてことない番組で、彼らは自分の好みの女性を自分の名札に書かされていました。

後藤真希」と書いているひとがいました。うんうん、ちょうどモー娘。ブームだったからね。「松嶋菜々子」と書いているひとがいました。うんうん、ドラマいっぱい出てるしね。「ナタリー・ポートマン」うんうん、芸人さんだしね、ウケを狙ったよね。

一人だけ、「岡江久美子」と書いているひとがいました。違和感がありました。そのチョイスには芸人さんらしく流行りだとかウケを狙った感じが全くありませんでした。明らかに「後藤真希」「松嶋菜々子」「ナタリー・ポートマン」の中で浮きまくっていた。

もうその名札をつけていたのが誰か覚えていません。番組内で岡江さんにまつわるエピソードは全く使われていませんでした。ただ、マッキーで太く黒々と書かれた「岡江久美子」という名前のイメージだけが強烈に焼き付いています。

岡江久美子」はどういうひとなのだろう、はなまるマーケットを見る習慣のなかった我が家でこっそりチャンネルを変えてみました。

岡江久美子」は優しそうで上品な美人でしたが、小学生の私からすると完全にオバサンと言える年齢に見えました。胸が大きく張っていてバストアップの映像ではえらく太って見える。

けれど私は、「岡江久美子」にはっきりと惹かれている自分を自覚し、あの瞬間から「岡江久美子」になりたいと思うようになりました。

 

本当のところ、その後はなまるマーケットを見ることもなく、2014年に番組は終わってしまいました。岡江さんがどんなひとであるか、よく知りもしません。あの日強烈に惹かれた上品な笑顔だけで妄想を膨らます日々です。

私が「岡江久美子」だったら、日曜日は7時に起きて朝食を作り、家族と一緒にハムエッグとチーズトーストを食べながら膜の張ったホットミルクを飲むのでしょう。観葉植物の置かれた日の当たる部屋をくまなく掃除し、おやつにドーナツを揚げます。成績の伸びない息子の部屋から赤点の小テストを発見し、これはどういうことなの、と問い詰めたりもする。いっけね、と舌を出す息子を小突いてみたりする。

いいですね、「岡江久美子」の揚げたドーナツ、食べたいですね。

岡江久美子」の笑顔からは、そういった「お母さん」の日常が、非常に美しく上品に妄想できてしまうのです。美しいのに程よく日常が溶け込んだ女性。だから岡江さんは長年はなまるマーケットの司会者として多くの主婦の支持を集めてきたのでしょう。ご長寿番組だった「はなまる」が終わることになったとき、「いいとも」が終わるのと同じくらい話題になりました。

 

では、好みの女性が「岡江久美子」だと書いた芸人さんは、「岡江久美子」に何を見ていたのでしょうか。理想の女性というよりは、私が岡江さんに見たような、理想の妻だとか母だとかそういった肩書きつきの女性像を想像していたのでしょうか。

私にはどうも、そうは思えないのです。

だってあの番組は取るに足らないバラエティ番組だったから。「好みの女性」は「あるある」と盛り上がってなんぼだと思うのです、特に若手の芸人さんなら。今だったら「石原さとみカワイー」とか、「ガッキーと付き合いたい」とか、「俺の堀北、なんで結婚しちゃったんだよー」とか。それなら笑いになります。

岡江久美子」は、ならない。ガチだな、と感じてしまう。

熟女好きの観点からしても、「岡江久美子」にはいやらしさがないのです。あくまで自然光の下にいるのが似合う女性だと思います。

はっきりとマッキーで書かれた「岡江久美子」という名前に、彼の隠しきれない欲望を見た気がします。だから、こうして大人になった今もそのイメージが焼き付いて離れないくらいに、小学生の私には衝撃だったのかもしれません。

番組で使われなかったのであろう、「岡江久美子」のエピソードを聞きたかった。笑えなくてもいいから、暴いてみたかった。

 

岡江久美子」になりたい、と言うと、意味がわからないという顔をされます。笑いではなく。私の考える最強の「岡江久美子」妄想をもって、やっと笑ってもらえる。

なんだ、お前はお母さんになりたいのか、と。

そうじゃない、そうじゃないんです。

私は「岡江久美子」になりたい。光の道を歩いていく女性になりたい。けれど同時に、同じくらい「岡江久美子」を陰から見つめる名前も顔も忘れてしまった芸人さんでもありたい。器用ではないのでそううまくいかないこともわかってはいるのだけど。

 

なんだかえらく語ってしまいました。

一つだけ言わせてください。岡江久美子さんは本当に素敵な女性です。ごめんなさい!

 

さて、怠惰で普通のアラサーは、近所のパン屋でパンでも食べて街に出るとします。

明日の朝、ちゃんと起きれるかしら!

 

*******************************

今日の起床時間

8:32

朝ごはん

パン(予定)

*******************************