読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニン!

ただのOLが平日限定で9:00までに更新するブログ

クリスマスかくれんぼ③

【ハッピーメリー・シャンメリー

12月25日、22:54。

23時で閉まるスーパーに、物悲しい蛍の光が流れ始めた。手押し車を連れたおばあさんが一人と、スウェット姿のおじさんが一人いるだけで、店内はがらんとしていた。今まさに、世間は浮かれた三連休を終えようとしている。ホールケーキの箱に、ローストチキンのパックに、シャンメリーのボトルに、雑に貼られた半額の値札シールが何よりの証だ。

クリスマスが終わればあっという間に年が明ける。蛍の光に急かされて、私は一人、半額になったシャンメリーを買って帰ることにした。

 

12月25日、23:14。

ノンアルコールのシャンメリーで酔えるわけがない。もう子供騙しのクリスマスでは満足できない。

私は一人。

あなたはもうすぐ、偽のサンタとしての仕事を終える。今年は三連休になったから、大阪に旅行に行くと言っていたっけ。子供を連れてUSJに行くんだって、笑っていたっけ。

クリスマスが嫌いだ。

休日が嫌いだ。

あなたを私のいない土地に連れ去ってしまう日が嫌いだ。

 

12月25日、23:33。

最後の一滴をグラスに注ぎきってしまった。甘ったるいシャンメリーを飲み終えたら、寝てしまおうと思う。憎らしい日を強制終了してしまおうと思う。

去年のクリスマスはよかった。普通に24日も25日も平日で、あなたと日付が変わるギリギリまで残業していた。

『帰ったらもう一仕事だ』

『えっ、仕事持ち帰るんですか?』

どんだけ働く気なんですか、と目を丸くした私に、彼は言った。ちげーよ、アホ。

『子供を起こさず、枕元の靴下にプレゼントを入れるミッションだよ。結構難しいんだよなーこれが』

胸が痛い。つらいとわかっていても子供のことを語る彼が好きだ。

入社から一緒にやってきた同期。いつか諦められると思っていたのに、結婚しても子供が生まれても、気持ちは変わらなかった。

『なぁなぁ。今年のクリスマス、久々に奥さんにもプレゼント贈るつもりなんだけど、何がいいと思う?』

女性の意見を聞かせてよ。三連休の直前、あなたは私にそんなことを言ったけど、ほんとにそう思ってる?

ちゃんと私のこと、女だと思ってる?

『そうねぇ、レースのハンカチとか?』

『おすすめのブランドとかある?』

『うーん……たとえば、こことか?』

翌日、『ありがとう、参考になった!』と笑いながらあなたは私に小さな包みを差し出した。奥さんのプレゼントに勧めたブランドと同じ店の包み。ひどく残酷な優しさだった。

『レースのハンカチはさすがに買えなかったけど、これ。相談に乗ってもらったお礼と、早めのクリスマスプレゼント』

というか、お歳暮かな。いつもお世話になってます、来年もよろしく。

泣きそうになるのを堪えて、『ありがとう』と受け取った。

 

12月25日、23:46。

私の元にやってきたタオル地のハンドタオルは、何の因果かハートの刺繍が入っていたけれど、クリスマスプレゼントではなくお歳暮にしかなりえないのだ。かわいそうなハンドタオル。ごめんね、プレゼントにしてあげられなくて。

シャンメリーは私を酔わせてくれない。酔った勢いでなら、12月25日の間にこの恋を玉砕できたかもしれない。会いたいとか、ずっと好きだったとか、言ってしまえたのかもしれない。

結局そんなことはできないまま、クリスマスは終わる。

ぐらり、と視界が歪む。

テーブルに置いたグラスを取ろうとして、手元が狂った。倒れたグラスからシャンメリーがこぼれて、しゅわしゅわと音を立てながらテーブルに広がった。

涙は一滴もこぼれないのに、代わりにシャンメリーがこぼれた。あなたはやさしいのね、シャンメリー。踏み出せない私に、勇気をくれるのね。

 

12月25日、23:58。

使う予定のなかったハンドタオルに、しゅわしゅわの涙が吸い込まれていく。

最後まで泣けなかった。当たって砕けることもしなかった。でも、これで終わりにしてしまおう。強制終了してしまおう。

来年もよろしくだなんて、彼は言うけれど、私にそのつもりはない。いつまでもこのままでいちゃいけないんだ。

ハッピーメリー・シャンメリー

このクリスマスが終わったら、あなたを好きな私はいなくなる。

ごしごしとテーブルをこすると、ハンドタオルはシャンメリーと一緒に埃を絡めとって、真っ黒になった。こんなに汚れていたのかと思わず目を見張るほど。

知らないうちに積もっていた埃をすべて拭き取って、私はハンドタオルをゴミ箱に投げた。

 

12月26日、0:00。

ぽすん、といい音がして、ゴミ箱に収まった。ごめんなさい、こんな使い方しかできなくて。このままじゃダメだから。いつまでもこのままじゃいられないから。

私はあなたを捨てる。

サヨウナラ、クリスマス。また来年。

次こそはちゃんと、プレゼントを持ってやって来てね。お歳暮じゃなく、私だけのためのクリスマスプレゼントを。

 

2017年、あなたの知らない私になります。

 

************

※この物語はフィクションです。

というわけで、3日連続でお送りしました、「モーニン!」クリスマス企画でした。

更新遅くてすみません。

読んでくださった皆さん、ありがとうございました!(*´-`)

明日からは通常更新に戻ります~。ではでは。

 

20161225

クリスマス企画#03