読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニン!

ただのOLが平日限定で9:00までに更新するブログ

どすこい! 太宰部屋

おはようございます。あやなです。

本日は大相撲のお話です。

先日ですね、太宰府に向かう車の中で、大相撲には負け越すと降格になる「角番」という制度がある、という話になりました。

角番とは……

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E7%95%AA
角番 - Wikipedia

ほうほう。現在では大関によく用いられる用語であると。

そのとき、仲間が言っていたこと。

「でも、これ横綱になると勝ち続けるか、引退かしかないんですよね……」

たとえば、作家の引退って何なんだろう。

本を出さなくなったら引退なのか?  書かなくなったら引退なのか?

結論としては、

「作家の引退は、つまり死なのではないか?」

結局死ぬまで書き続ける生き物なのではないか?

作家談義はさらに加速していきます。作家を目指す者が集まる車内で盛り上がったのはこの話題。

「あなた、何部屋に入門した?」

何部屋!

作家は死した後、親方として自分の部屋を持つのか!

簡単にいうと、誰の文学に影響を受けたか?  とかそういう話なんですけど、何部屋って面白すぎません?

 

私は断然、太宰部屋です。

読みながら、メチャクチャめんどくさいなこいつ、と思う作品はあるけれど、やっぱり太宰治が好きです。「人間失格」みたいな重めで暗めの話も好きですが、「女生徒」のような軽やかで艶のある文章の方が好きです。なんだろうな、あの色気!  私も色気出したい!

それを言うと、

「あ~、わかる~」

「そんな感じ」

と言われました。ええ、そうですか?

好きそうですか?  太宰。

 

そうですね、私も太宰部屋の力士として、親方のような文章を書けるようになりたいですウッス!

もし叶わないなら、最悪、太宰部屋のちゃんこ鍋屋を作ります。入水ちゃんこ!  ……なんて、不吉ですか?

 

そんなこんなで、正念場です。

ハァ……胃が痛いです……。

 

*****************************************

本日の起床時刻

7:17

朝ごはん

ネオレーズンバターロール+コーヒー

*****************************************