読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニン!

ただのOLが平日限定で9:00までに更新するブログ

10年一緒だったヒモ男と別れるまでの苦悩について

おはようございます。あやなです。

あぁ、私、岐路に立っています。そう感じます。今別れてしまえばこれから楽になるのだとわかっているのです。なのに、なぜか私はこいつを手放すことができません。

金のかかる男なのです。

毎月こいつのために1万円弱も払っている。

かと思えば、すぐに傷ついて、うじうじと動かなくなったりもします。何度宥めすかしたことか!  その度にまたお金がかかる!

こないだなんて、1週間近く放浪の旅に出てたんですよ。私には何の連絡もなく!

 

本当に手間のかかる男。

とにかく金がかかる男。

そう、携帯電話です。

 

「ぶっちゃけ、迷ってる理由がわかりません!」

そうだなー、そうなんだよなー……。

「だって、明らかに損するのわかってるじゃないですか!」

わかるよ、君の言ってることはよーーーく、わかるよ……。

けど、なんだろう、この女子会感!

「ヒモ男と付き合っている私を説得する、正義感と良心の塊みたいな友人」感!

そんな男、やめときなよ!(byケイコ)みたいな。ケイコって誰だ?

ふらりと家電量販店に足を踏み入れると、格安スマホ販売員のお兄さんに捕まりました。正直ちょっと興味はあったのです。何かと出費の多い今日この頃、少しでも生活費を減らして貯蓄に回したいと思っていました。

料金プランを聞いても魅力的。

端末もそこそこ良さそう。

けれど、どこか煮えきらない態度の私に、お兄さんはかなり熱の入った説明をしてくれました。

「毎月携帯料金に8000円くらい払ってるんですよね?  それが、格安スマホに乗り換えるだけで毎月3000円くらいになるんですよ。つまり、違約金を払っても2ヶ月くらいで回収できるんですよ!」

「そ、そうですねぇ……」

「回線も大手通信会社の回線と同じものだし、端末もいい物が入ってて、全然ストレスないです!」

「はぁ、そういう話を聞いたことはあります……でも……」

「もう、何がそんなに不安なんですか?」

不安……というか。

「いやぁ、なんというか……長年連れ添った男とは別れづらい、みたいな感じですかねぇ……」

そう、私たちは既にズブズブの関係にありました。

私と、この契約は。

初めて携帯電話を手にしたのは、中学3年生の頃です。何故か受験の直前に買ってもらいました。(普通、合格してからだと思うんですよね、こういうの!笑)

それから、au一筋12年。

その12年の間に、携帯はどれだけ進化したことか!  カメラがついたり、アドレス交換を楽に行うために赤外線通信がついたり、小型化したり、かと思えばスマホが台頭してきたり……。

ピンクや白や、シルバーグリーン。色や形を変えながら12年一緒にいた私たち。

しかし、お兄さんは「正義感と良心の塊」の女友達さながらに私に畳み掛けます。

「考えてもみてくださいよ、12年一緒にいるからって大した割引とかないでしょ?」

「ないですねぇ……。何ヵ月にいっぺん、1GB通信量増やしておいたから! ってメールが来るくらいですかねぇ」

「しょっぺえ!  そんなん、たまーに皿洗ってくれるレベルのヒモ男と同じですよ!  なのに、そんな男のために高い料金払い続けるんですか!」

「いや、そのサービスがしょっぺえっていうのは、私だって承知の上なんです!  けど、なんでしょうね、この離れがたさ!」

お兄さんは訳がわからないよ、と言いたげに、肩をすくめます。すみません、とヘラヘラ笑いながら、私は彼との関係について頭を悩ませていました。

正直自分でも、新しい男に乗り換えるべきなのかな、と思っているのです。毎月5000円も安くなるなら決断は早い方がいい。

あぁ、でも……。

私たち、ずっと一緒にいたじゃない……。

英雄……。

 

キャンペーン、2月一杯までだそうです。

あと2日で結論を出せるか。英雄とのズブズブの関係に見切りをつけられるのか。

乞うご期待です。

 

*************************************

本日の起床時刻

9:46

朝ごはん

カレーパン+中華スープ

************************************