読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニン!

ただのOLが平日限定で9:00までに更新するブログ

未来の手帳を買いました。

f:id:ui_a:20161122230644j:image

完全に夜ですがおはようございます。あやなです。明日はお休みだ~!

 

今朝も朝から記事を更新したのですがアップしたあとに、これはどうだろう……という気持ちに襲われて、下げました。

ちょうど私が起きて記事を書き始めた頃に大きめの地震があって、一日不安が漂っているような状況で、どうだろう、胸を張って今日この記事を読んでほしいだろうか?  と考えたときに、なんだか違う気がしました。

間が悪いと感じる時点で、コンテンツとして成立していないなと思いました。

不快な思いは一瞬たりともさせたくない。面白いとだけ思ってもらいたい。その割に、こういうところで気配りの足りない自分を、本当にエゴイストだと感じます。ふと何気ない瞬間にこそ、優しい言葉が自然と出てくる、そんな人間になりたいなぁ。

心からの優しさは「優しくなければならない」という規範意識ではなかなか得られなくて、どうしたら優しいひとになれるんだろうと悩む日々です。

「こうなりたい!」

「こうでありたい!」

思えば思うほどわからなくなって、自分の思考に絡まってがんじがらめになります。努力が足りないのか、それとも考えすぎているのか、加減がわからなくて頭がパンクしたりもする。要領が悪くて、容量も小さくて、すぐに浮いたり沈んだり。

 

かの有名な、「努力は必ず報われる」のか問題では、「正しい努力をすれば必ず報われる」とか、「努力をしても報われるとは限らないが成功者は皆努力している」とか、もっともらしいことが正解に挙げられています。

私はそれを詭弁だと感じます。

「正しい」努力なんて結果論でしかない。臆病者の私には、報われるかわからないけれどとりあえず努力をするなんて、怖くてなかなかできないです。無駄になったら悲しいと先に考えてしまうから。

だから、努力しても意味がないと嘆くひとの気持ち、とてもよくわかるのです。正直者が馬鹿を見る世の中だとうそぶくひとも、負け組はずっと負け組だといじけてしまうひとも、全部全部、自分とぴったり重なります。

努力の正しさが証明されない以上、人間は努力ではなく果てしなく試行錯誤を続けていくしかないのだと思います。すぐにピンとくるひともいるし、私のようにひたすら飲み込みの悪い人間もいる。

自転車に乗れるようになるまでに6年かかったことを思い出しました。感覚をなかなか掴めない間、何度も悔しくて泣きました。どうしてできないのと親や友達に言われても、できないものはできないと言いたかった。教えてもらうことと自分で気づくことの間には大きな壁があります。

努力が報われる瞬間とは、教えてもらったことが身に付く瞬間ではなく、自分で気づく瞬間のことなのだと思います。頭ではなくからだで、「こうなのか!」とひらめくこと。だからこそとても難しい。

 

今日はロフトで、3年手帳を買いました。

手帳の予定は基本的に付箋に書いて、いつでも剥がせるようにするのですが、3年手帳の予定は全部万年筆で書き入れました。これでもう消すことはできません。

2017年、2018年、2019年。

29才、30才、31才。

この3年の間に何ができるんだろう。どんな風に変わっていくんだろう。赤い手帳を閉じて両手に挟むと、ドキドキしました。

「結婚式を挙げた!」

と思いながら、パッと手帳を開くと、2018年6月のページが現れました。それからサイコロアプリを振ると、2が出ました。

「2018年6月2日 結婚式を挙げた」

同じように、何度も何度もページをめくりました。

「2018年1月24日 収入が一気に増えた」

「2017年3月15日 素敵なバッグに出会った」

「2018年3月4日 家族で旅行に行った」

「2017年10月21日 ライブに行った」

なぜかうまいこと、旅行やライブの予定が土日にハマるもので!  書きながら自分でも驚きでした。

報われるかわからないことは頑張れない。無駄になったら、とか、期待して裏切られたら、とか、臆病になってしまうのは悪い癖です。けれどこうして未来の手帳に予定を書いていくと、「あやな」という人間のトライアンドエラーを楽しめる気がしました。まるで一冊の読み物のように。

お取り寄せ手帳とか、引き寄せ手帳とか、正直よくわからないけれど、未来の手帳を作るのはとても楽しかったです。自分のことなのに、他人のことのように思えました。

「私」が努力していると思わずに3年を過ごしたい。なんか「あやな」って奴がいろいろやってて楽しそうだな、次はこんなことしてみたら面白いんじゃない? くらいのプロデューサー的距離感で自分を見ていたい。

そうすれば何も怖くない気がします。踏み出せる気がします。

 

さて、本命の質問をしてみましょう。

「作家デビューした!!」

ドキドキしながらページを開けました。

 

さて、何月何日が示されたでしょうか?

その日を迎えるまでは、私と赤い手帳だけの秘密、ということで。

 

それでは皆さん、おやすみなさいませ。

私は今から、映画見ます!

一番好きな映画は何かと聞かれたら、たぶんこのタイトルを挙げます。『クライマーズ・ハイ』。久々に見ます。うふふ。

 

**************************

本日の起床時刻

5:31

朝ごはん

ネオレーズンパン+豆乳

**************************